頭痛専門外来

 日常生活に支障ある頭痛を、世界中で最低40%の人が経験しています。そして、日本人の3 - 4人に1人が「頭痛持ち」です。頭痛にもいろいろとあります。重要な病気によるものから生命に危険のない筋肉性のものなど様々です。種類としては「緊張性頭痛」「偏頭痛」「群発性頭痛」などがあります。

 最近では、生理時に伴う「月経時片頭痛」などもあります。その中でもデスクワークによる頭痛は筋肉の収縮が原因になる「緊張性頭痛」であることが多いです。頭の周りの筋肉、肩・背部の筋肉などの緊張が持続すると頭痛になります。筋の緊張を起こす原因があれば、筋の虚血や神経を圧迫し頭痛が起こると考えられます。

整体

 肩こりは、多くの方が訴える症状です。女性では123人/1000人で1位、男性では、58人/1000人で腰痛に続いて2位です。

 

 デスクワークなどで同じ姿勢をとり続けたりすると、首や肩、背中の筋肉が疲れてきます。そうすると、筋肉に乳酸などの疲労物質がたまり、筋肉が硬く張ってきます。また、寝不足やストレスなども筋肉を緊張させ、疲労物質がたまってきます。このような筋肉の疲れが筋肉のハリやコリなどの症状を引き起こすのです。

 肩こりをそのまま放置していると、強張った筋肉が血管を圧迫することによって血行不良となり、コリがますますひどくなります。そのまま放置すると、神経が傷つき痛みやしびれの原因ともなるのです。

肩こりは、放っておくと取り返しのつかないことになりかねない症状です。早めのご相談お待ちしております。

お客様の声

34歳 女性

 背中、肩、首の痛みで来院。楽になりました。


院長ブログ

・「頭痛

・「肩こり

・「疲れ目

39歳 女性「首がまわらない

天上川接骨院
アクセス